遺伝子組み換え食品の安全性とメリット、問題点

遺伝子組み換え食品の安全性とメリット、問題点

遺伝子組み換え素材不使用ども、新米パパです。

最近、スーパーなどでよく目にするのが、
「遺伝子組み換えしていない大豆を使用しています」

などの表示。

『遺伝子組み換え』というのは、
一体、何なんでしょうか。

メリットは何で、
何が危ないんでしょうか?

まずは、
遺伝子組み換え食品について
調べてみました。

遺伝子組み換え食品とは、どんなもの?

食物の細菌などの遺伝子の一部を切り取って、
別の生物の遺伝子に組み入れたりすることができるようになり、
(「バイオ」ってやつですね!)

そうした遺伝子組み換え技術で作り出した作物や、
その作物を原料として使った食品を遺伝子組み換え食品と呼びます。

例えば、大豆の場合、
特定の除草剤を分解する性質を持った細菌から、
その性質を発現させる遺伝子を、大豆の細胞に挿入することで、
その除草剤に強い大豆が作り出されています

遺伝子組み換え技術を応用した食品としては、
除草剤耐性の大豆や殺虫性のトウモロコシなどの農作物と、

遺伝子組み換え大腸菌に作らせた牛成長ホルモンのように、
組み換え体そのものを食べない食品添加物のようなものに分けられます。

これらは、生産者側のメリットになるわけです。
手間が省けるわけですね。

遺伝子組み換え技術のすごいところ

遺伝子組み換え技術を応用すると、
生物の種類に関係なく品種改良の材料にすることができるようになりました。

それ以前の、人工交配による品種改良でも遺伝情報は混ぜられており、
また人工的に起こした遺伝情報の突然変異を利用することもありました。
しかし、生物の「種の壁」を越えることはできなかったのです。

遺伝子組み換え技術が、今までの品種改良と異なる点は、
人工的に遺伝子を組み換えるているため、
種の壁を越えて他の生物に遺伝子を導入することができる
というところです。

その結果、改良の範囲が拡大し、
改良期間が大幅に短縮されました。

じゃあ、遺伝子組み換え食品の安全性は?

遺伝子組み換えの食品に関しては、
きちんと、安全性が審査されています。

けれども、実は、これらの審査は、
開発企業の提出した書類によって審査しているだけで、
第三者機関による試験は実施されていないというのが事実です。

また、経済協力開発機構(OECD)が決めた
「バイオテクノロジー応用食品の安全性評価:概念と原則」
というものがあるのですが、

これを簡単に説明すると、遺伝子組み換えして食品が、
その姿、形、主要な成分において組み換え前のものと大体同じならば、
細かい成分比較や中・長期の毒性試験は行わなくて良い
、とするものなのです。

これではちょっと雑すぎて、心配ですよね(涙)。

「大体って何やねん!」と言いたくなります。
この考え方は、企業側にはメリットがあります。
しかし、消費者にとっては危険すぎます。

当然ですが、心配する声が高まってきました。

そこで、ようやく、2000年から、
遺伝子組み替え食品の安全性についての論議が開始されたのです。

日本の遺伝子組み換え食品の現状

日本においても、同じで、安全性評価指針は、
遺伝子組み換え食品を製造する業者等が任意に従う指針(ガイドライン)です。

法的な強制力もなく、指針への適合性の確認を
厚生大臣に申請するかどうかは任意にすぎません。
表示に関しても、義務はありません

ただ、厚生省では、2001年4月から、
安全性審査の行われていない食品の製造・輸入等を禁止することとなりました。

では、現在、日本で承認されたものは何種類あるのでしょう。

厚生省が「安全性」を審査し、
評価指針に適合していると評価したものは、
とうもろこし、なたね、じゃがいも等の農作物29品種と、
キモシン,α-アミラーゼ等の食品添加物6品目です。

やっぱり怖いです遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換えの食品は、
なんだか、きちんと安全性がわからず、不安ですよね。

遺伝子組み換え賛成派は、こう主張します。

1.遺伝子組み換えは食糧難を救い、地球環境問題を解決する。
2.遺伝子組み換えは従来の品種改良の延長線にすぎない。

つまり、遺伝子組み換えによって、
日持ちのよい農作物を作ることができたり、
アレルギーの原因になる物質を取り除いた食品を作ることができたり、
病害虫に強い植物を作ることができるということです。

そして、そのことは、今までの品質改良となんら変わらない、
安全なものであるという、主張です。

しかし、これに対し、
遺伝子組み換え反対派は、
こう見ています。

遺伝子組み換えしているとは言っても、
実は、その成長は、確実なものではなく、ただ偶然にすぎない。
つまり、まだまだ遺伝子組み換えの開発は未発達なものであるので、
すばらしい食品が作られたとしても、もともとあった遺伝子が
変化している可能性もあり、そうなると、安全性は維持できているかは疑問だ
、と。

実際、
遺伝子組み換え食品を食べたことが原因で、
「好酸球増加筋肉痛症候群」という症状を起こした
という、
食品公害が実際に起こっています。

また、ラットを使用して実験においても、
遺伝子組み換え食品を食べたラットには、
発育不全や免疫低下などがみられた
と公表されています。

また、遺伝子組み換え食品である、
殺虫性トウモロコシが、チョウに被害を及ぼす恐れがある
との研究結果も、発表されています。

そして、やはり、
一番気になるのが、ずさんな安全性審査です。
表示義務もなければ、任意の審査にすぎず、強制力も何もありません。

そして、審査結果を見ると、
遺伝子組み換え食品の急性な毒性のみを調べており、
長期的な影響の研究はされていない
、という事実。

遺伝子組み換えのメリットが
魅力的ではあることは、わかります。
世界の食料問題解決には欠かせない技術でしょう。

でも、現段階では、
まだまだ研究途上である、という認識を、
私たちがしっかり持っておく必要があります。


タグ:

タグ

カテゴリ: 商品選びのコツ 2010年02月21日


»
«